喜怒哀楽書房について

私たちの本づくり

喜怒哀楽書房の思い

  • 経営理念 - 抱きしめたい本づくり、抱きしめたい自分づくり
  • ビジョン - 新潟から全国へ本づくりの文化を発信 女性の能力を活かし、イキイキと働ける職場 世の中から必要とされる会社、人財に

喜怒哀楽書房の考え

本づくりのコンシェルジェをめざします。

「定年を機に、本をつくって、お世話になった方に差し上げたい」
「子供の頃からの夢だった絵本をつくって、子供たちの一生の記念にしたい」
「俳句、短歌が趣味で続けてきたが、作品がたまってきたので、本としてまとめてみたい」

自費出版の俳句、短歌、川柳、絵本、自分史、遺稿集など、自分だけの本をつくってみたいという方が増えています。
でも、ほとんどの方は、本をつくるのは初めての経験であり、どのくらい金額がかかるのか、どうやって原稿をまとめたらよいのか…等々、 わからないことだらけだと思います。喜怒哀楽書房は、ホテルのコンシェルジェのように、 そんな「初めて」の方の自費出版をきめ細かくサポートします。
女性スタッフならではの心遣いと丁寧な仕事で、皆さまの想いを本という形にいたします。

書店で販売をするための、無理な出費をおすすめしていません。

皆様が、ご自分のできる範囲で作品や思い出を紡ぎ、よりよい形に仕上げる。そのために、製本業からスタートしたという成り立ちを強みとして、できるだけ安価に、 きめ細かく、自費出版のお手伝いをする。それが私たちの生業です。
俳句、短歌、川柳、絵本、自分史、遺稿集などが得意分野ですが、それらのご自分の作品を全国に流通させたいという場合は、 残念ですが、他の会社様が向いているかもしれません。

本づくりは特殊な体験です。もしかすると一生に一度かもしれません。
だからこそ、その本を愛し、本づくりの過程で、お客さまとともにワクワクする時間と体験を共有できたら、と願っています。

短歌、俳句の本づくりをもっと身近にするために。

弊社では「本づくりをもっと身近に」「私たちスタッフをもっと身近に」感じていただきたい。そして「日々、句を、歌を詠んでいる同志たちがいる」ということを感じていただきたく、 平成14年4月より~詠み人応援マガジン「喜怒哀楽」~を発刊しています。 現在全国の俳句・短歌・川柳の結社・サークル、個人等、ご希望の方へお送りしています(年間1000円)。 一人では続けられなくても、全国に仲間が増えていけば、きっと励みになります。


まずは、楽しくできることから始めてみませんか?
»「喜怒哀楽マガジン」はこちらから

(株)ミューズ・コーポレーション 喜怒哀楽書房

〒950-0801 新潟県新潟市東区津島屋7-29
フリーダイヤル: 0120-819-395 / 電話: 025-250-9666
FAX: 025-250-9550
HP http://www.eseihon.com/ / E-mail odp@eseihon.com

お問合せ・お見積りは、お電話またはメールにて承っております。

まずはお気軽にご相談ください。(お問合せ、資料請求、お見積りは無料です)

メールフォーム
お問合せフォーム 本のサンプル お見積りフォーム
住所:〒950-0801 新潟市東区津島屋7-29 株式会社ミューズ・コーポレーション(喜怒哀楽書房)