本づくり

原稿作成/文章表現と制作の注意点

1.5W1Hに注意しましょう

文体を統一し、5W1Hに注意しましょう。

2.登場人物のイメージは明確に

登場人物のイメージは明確に。年齢、職業、性格、好み、趣味、話口調、仕草など、 より具体的にイメージしましょう。

3.人の心の中の葛藤や、揺れる心の中を描いてみましょう

人はドラマを読みたがります。それはそこに感動があるからです。人の心の中の葛藤や、 揺れる心の中を描いてみましょう。外に壁(問題)をつくり、それを様々な苦労で乗り越える。 そこにドラマが生まれます。「渡る世間は鬼ばかり」ってまさに次から次へと問題が起きますよね。

4.言葉の選び方に注意を払いましょう

言葉の選び方に注意を払いましょう。辞書は必携です。 ちょっと迷ったらすぐに辞書を引く癖をつけましょう。

5.文章にリズムをつけましょう

文章にリズムをつけましょう。長文と短文の使い分け、結論を先に書く、 長めに書いて後から削っていく…などでリズムを整えます。

6.書き出しは短めに

書き出しは短めに。

7.情熱を持って書き進める

情熱を持って書き進める。

8.読み手を意識して書く

読み手を意識して書く。それでもなかなかわかりやすい文章は難しいものです。 第一の読み手は自分ですから、作品に入り込んで冷静さを失っているのが当たり前です。 冷静になってみると読みづらかったり、伝わらなかったり…。 書いたものは1週間ほど経ってから自分で声をだして読んだり、身近な人に読んでもらいましょう。

9.事実関係の確認をしましょう

事実関係の確認をしましょう。思い込みは誰にでもあるものです。年号の間違い、 名称や地名の間違いなどは、後から必ずチェックしましょう。

お問合せ・お見積りは、お電話またはメールにて承っております。

まずはお気軽にご相談ください。(お問合せ、資料請求、お見積りは無料です)

メールフォーム
お問合せフォーム 本のサンプル お見積りフォーム
住所:〒950-0801 新潟市東区津島屋7-29 株式会社ミューズ・コーポレーション(喜怒哀楽書房)