本づくり

短歌・俳句・川柳集をどんなふうにまとめるか

1.まずは句・歌の整理にとりかかりましょう

まずは句・歌の整理にとりかかりましょう。自分が気に入っているものだけを書き出す――つまり自選をします。

2.書き出した作品の掲載順を考えましょう

書き出した俳句の並べる配列を考えましょう。書き出した句を並べ変えたり、 パソコンの場合は並べたい順に作品に番号を振り、それをソートして並べ替えることができます。 一般的には、①年代順に並べる、②季節ごとに並べる 方法があります。

3.中扉を設けていくつかのパートに分けるとメリハリがつきます

途中、中扉を設けていくつかのパートに分けるとメリハリがつきます。

4.重複している作品がないかチェックします

短歌・俳句・川柳集では同じ作品が一冊に二回以上掲載されてしまっている場合があります。全体を通して確認しましょう。

5.略歴を入れる場合はその周辺に顔写真等を入れることも

扉の次や、略歴を入れる場合はその周辺に顔写真や記念となる写真を入れることも。 逆に、作品だけというシンプルなつくりを選択されても結構です。

6.「人の好みは十人十色」

「人の好みは十人十色」。各人各様、その人の好みで評価しますので、 他人の評価ばかりに重きを置くとそれに振り回され後悔する結果となります。 信頼できる相談者があれば事前に相談したうえで、最後は自分の好みで決めてください。 決めたら迷わないことが肝心です。

7.原稿は完璧と思ってから、最低5回は読み返しましょう

原稿は完璧と思ってから、最低5回以上は読み返しましょう。原稿には、 ほとんど間違いが潜んでいます。漢字、送り仮名、固有名詞の勘違いなどなど、音読で読んでみると、 作品のあらが見えることもしばしばです。読み返しに時間をかけることは作品を磨くことにつながります。

お問合せ・お見積りは、お電話またはメールにて承っております。

まずはお気軽にご相談ください。(お問合せ、資料請求、お見積りは無料です)

メールフォーム
お問合せフォーム 本のサンプル お見積りフォーム
住所:〒950-0801 新潟市東区津島屋7-29 株式会社ミューズ・コーポレーション(喜怒哀楽書房)