本づくり

自費出版の流れと料金

本づくりの基礎知識〜本について知ろう〜

自費出版に関する基礎知識や用語をまとめました。これだけ知っていれば大丈夫!

本のサイズ

一般的な書籍のサイズです。

A6判
(縦148mm × 横105mm)
文庫本の大きさ。手帖・句集・歌集など。
B6判
(縦182mm × 横128mm)
B5の半分です。自分史・小説・エッセイ・句集・歌集など。
四六判
(縦188mm × 横128mm)
単行本の大きさ。自分史・小説・エッセイ・句集・歌集など。
A5判
(縦210mm × 横148mm)
月刊文芸誌などの大きさ。ビジネス書・学術書・句集・歌集・文芸誌など。
B5判
(縦257mm × 横182mm)
週刊誌の大きさ。社史・写真集・マニュアルなど。
A4判
(縦297mm × 横210mm)
画集・絵本・写真集・記念誌などによく使用されます。

テキストに関して

基本となる書体は「明朝体」と「ゴシック体」です。
左記以外の書体も使用できますので、ご相談ください。
文字の大きさの単位は、ポイント・級・号などが使用されますが、内容により「読みやすく」「美しい」大きさをご提案させていただきます。

組み方(たて組・よこ組)や、1ページの内容・余白によってもレイアウトが変わってきます。レイアウト見本をご用意しておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

製本に関して

「洋装本」と「和装本」とがあり、今日はほとんどが洋装本です。洋装本は「上製本」と「並製本」に分類されます。

■上製本…

表紙をボール紙に貼ったもの。並製本に比べ耐久性が高く、作りもしっかりしています。表紙が固いことから、「ハードカバー」とも呼ばれています。

■並製本…

厚紙の表紙に中身(本文)をくるんだもの。雑誌や文庫本などに使用されています。表紙が柔らかいので、「ソフトカバー」とも呼ばれています。

組み方について

「組み方」とは、本文のレイアウト(体裁)のことです。組み方には「たて組」と「よこ組」があります。たて組(たて書き)の場合は右開き、よこ組(よこ書き)の場合は左開きになります。決まりはありませんが、通常、文芸誌などはたて組、学術書のような英数字のまざった本はよこ組です。

印刷について

「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」があります。

■オフセット印刷…
原稿からフィルムを作り、この版面のインキを一度ゴム胴の表面に写し、紙に印刷する方式。カラー写真の仕上がりが美しく、耐久性に優れています。

■オンデマンド印刷…
必要な部数を必要なだけ印刷するシステム。コンピュータから印刷機に直接データを送り、印刷します。必要な部数だけを短時間に印刷できるというメリットがあり、少部数の場合はオフセット印刷に比べ、価格が安くなります。当社は、この「オンデマンド印刷」です。

オンデマンド印刷とは?ページを見る

内容について

以下は、原稿の本文の前に掲載するもの(前付け)、後に掲載するもの(後付け)の凡例です。どれを採用するか、どういった内容にするかなど、ご検討ください。

■前付け
見返し …表紙と本文との間に補強的に使われている紙のこと。
とびら …書名、著者名等を入れます。
口絵 …巻頭に入る挿絵、写真等のこと。
献辞 …特定の人物に対する感謝の言葉など。
まえがき …その本を作成するに当たっての思いなどを書きます。
目次 …本文の内容の一覧です。
中とびら …本文の章区切り等に付ける章名等を書いたとびらのこと。
本文 …その本のメイン。
■後付け
付録 …年表、索引等。
あとがき …著作の感想などを書きます。
奥付 …発行年月日、書名、著者名、発行所名、印刷所名などが載ったページ。

校正について

校正は文字を中心に、写真、イラスト、レイアウトに誤りがないかを確認する作業です。出版社で行う校正と、著者が行う著者校正とがあります。

著者校正では、
●1.チェックは赤字で。はっきり、わかりやすく書く。
●2.人の名前や地名、年月日など、著者にしかわからないことは特によく確認をする。
●3.大幅な訂正、追加はご注意ください(追加料金、納期の遅れにつながります)。句集・歌集の場合当社では、3校で責了とさせていただいております。4校以上必要な場合は、別途料金を頂戴しております。

※校了…訂正のないこと。
 責了…「責任校了」の略。制作側で責任をもって校了にするという意味。
 念校…今一度、念をおしての校正。

基本的な用語

装丁 …表紙・とびら・カバー・化粧箱などを付け、デザインを施して本としての体裁を飾り整えることですが、一般的には表紙、カバーデザインを装丁と呼んでいます。
トリミング …写真のある一部だけを使いたい場合、使用する範囲を指定することを言います。
天・地 …本を立てたときの一番上の部分を「天」、 一番下の部分を「地」といいます。
小口 …本来は天、地と合わせた三方の端を指しますが、「背」の反対側を指すことが多いようです。
ノド …本を綴じてある部分を指します。
ノンブル …ページの両サイドに記載されているページ数を示す数字のこと。
…ページの上・下部もしくは、側部に章題などがついている行のこと。
キャプション …本文で使用されている写真、イラストの説明として入る注釈のこと。
版面 …本文組が入るスペース。柱、ノンブルは含みません。
箔押し …金や銀の箔と加熱した版を使い、本の表紙などに文字や絵柄を入れるもの。
ISBN …International Standard Book Number 「国際標準図書番号」のこと。流通のコンピュータ化をはかる国際的ルールによる書籍の番号。この番号で、発行国、出版社、書名がわかります。日本では、この ISBN コードに、分類コード、価格を加え「日本図書コード」の形で使用しています。

お問合せ・お見積りは、お電話またはメールにて承っております。

まずはお気軽にご相談ください。(お問合せ、資料請求、お見積りは無料です)

メールフォーム
お問合せフォーム 本のサンプル お見積りフォーム
住所:〒950-0801 新潟市東区津島屋7-29 株式会社ミューズ・コーポレーション(喜怒哀楽書房)