8月に入り、暑い日が続いています。寝苦しく、健康管理も難しい時期です。水分摂取、睡眠時間を十分に取っていただけるようお願いします。
7月にMラーメンというラーメン店が○○にオープンし、連日行列を作っています。MラーメンはMコーポレーションがフランチャイズ展開しているラーメン店です。このMラーメンM店で、女性アルバイトが店の冷蔵庫内で、商品であるソーセージをくわえて撮った写真が、ネットを通じて公開されることとなり、社会問題となっています。ラーメン店だけでなく、コンビニやハンバーガーショップでも、軽い気持ちでおバカ写真を友達に送ったつもりが、ネットを通じて大公開という事態が起き、改めてネット社会の恐ろしさを感じています。それと同時に、ネットに対する無知が、大きな問題を引き起こしてしまうことを実感します。
当社でもお客様の重要なデータをお預かりしています。発売前の雑誌や書籍、お客様の個人情報が入った冊子や名簿など。軽い気持ちで、写真を撮ってネットに掲載などということが起きた場合は、当然当社は取引停止となります。ネットだけではなく、予備として作った雑誌や本がブックオフなどの古書店で売られた場合でも、取引停止となるでしょう。それ以上に、社会的な制裁を受けることとなり、営業できなくなるかもしれません。実際に、今回の一連のネット掲載問題でコンビニ、ハンバーグショップは店舗閉鎖に追い込まれています。一人の思慮に欠けた行為が多くの従業員の仕事を奪ってしまうのです。
8月8日にYマシナリーSさんの紹介で、東京の王子にあるサンエー印刷様の工場を見学させていただきました。工場移転の参考にするため、動線や機械配置、集合コンプレッサーなど見せていただきました。一番感心したのは情報管理です。ヤレ紙やクズをただ普通に捨てていないのです。お客様の重要な情報は、製品だけではなく、仕事で発生した不良本やクズの中にも存在します。その処理を厳格に処理されていました。情報管理の当たり前のレベルが高く、情報産業に携わる者としての意識が徹底されていると感じました。仕事を確保していくのが厳しい時代ですが、サンエー印刷様は情報管理という強みを活かして、情報管理にうるさい金融関係の仕事、個人別にテキストを作る塾関係の仕事、大手大学の受験問題などを手掛けているそうです。まさに難しいにチャンスありを実践されていますね。
企業のコンプライアンスが厳しく問われる時代となり、私たちのような小さい会社でも、情報の取り扱いは慎重にすることが求められています。企業のモラルと同様に、そこで働く人たちのモラルも求められています。そして、ネット社会の今は、ネットでの情報の取り扱いに関して、知らなかったでは済まないし、逆にネットを使うスタッフであれば、それなりの教育も必要になってくるのでしょう。すこし前は「ごめんなさい」で済んでいたことが、徹底的に社会から制裁を受ける時代に変わっています。今回のネットでの事件は、本人にしてみれば大したことをしたつもりではない、ことが、ネットの力で一気に広まり、一斉に個人とともに企業も攻撃されてしまっています。
情報を扱う者として、私たちの仕事をもう一度見直す良い機会としてほしいと思います。そして、こういう時代だから、情報をきちんと扱える強みを作っていることも大切なことだということ、難しいに挑戦することが必要だということも、理解してほしいと思います。