木戸製本所では今週からロングシフトが始まり、繁忙期へ突入しました。健康、安全に留意して今年の繁忙期を乗り切っていきましょう!

今月の理念と経営社内勉強会の設問①は、函館の王一郎社長が経営する「ラッキーピエロ」でした。私が毎月参加させていただいている田舞塾の2月の講演も王一郎社長でした。70歳を超えておられますが、4時間、講演と質疑応答に元気に答えてくださいました。

函館という狭いエリアで、大手ハンバーガーチェーンを寄せ付けず、インターネットで「函館に行ったら食べて欲しい!おススメの美味しいお店」で検索しても「GLAYが通いつめたハンバーガーショップ」として一番に掲載されています。「カンブリア宮殿」「がっちりマンデー」というテレビ番組でも紹介され、私も「チャイニーズチキンバーガー」を一度は食べてみたいと思いました。地元産の食材にこだわり北海道産食材85%、17店舗がそれぞれに個性的な店舗であり、ハンバーガーショップとはいえラーメンやかつ丼などメニューは150種類、さらに普通の飲食店は原価率30%程度なのにハッピーピエロでは原価率50%、注文が来てからすべて調理するなど、大手チェーンとは逆の戦略で、函館の地域ナンバー1、函館の地域になくてはならない、地域の人たちから応援される、愛されるラッキーピエロとなっています。カンブリア宮殿(テレビ東京)の中で、村上龍は「終戦後の胃袋で食べる時代から、舌で、頭で、心で食べる時代へと変化する中で、腹も、舌も、頭も、心もすべて美味しいと感じた」「うまい!」と絶賛していました。

戦略だけでなく、「利潤追求にだけ熱心な企業は例外なく長続きしない」「心の研鑽が大事だ」とも理念と経営に書かれていましたね。「①お客様を決して怒らせないこと ②お客様に嫌われないこと ③お客様に絶対恨まれないこと」(お客様に対して守るべき三つの鉄則)「ただ単にお客様に正当性を訴えるだけでは相手との間に波風が立つのを避けられないが、正当性を訴える裏側に寛容の愛があると、いつかはその正当性が伝わり、再び善のめぐりが始まる」と王社長の著書にも書かれていました。契約の正当性だけをマニュアル通りの対応で話し続ける某最大手の携帯会社も見習ってほしいものです。

そして、一番大切なのは、当たり前に美味しいものを提供することができる技術であり、それを提供できる人がラッキーピエロを支えている、と話されていました。そこがあって地域に愛されるお店になっているのですね。

さて、話は変わりますが、昨日、2月より赴任された第四銀行河渡支店の山田新支店長様より当社を訪問していただきました。支店長様は「本ができる工程」を興味深く見られ、また、デジタル印刷についても関心を持たれたようでした。当社は「本づくりのプラットホーム」を創っていきたい、という話をさせていただき、今後もご支援をいただきたい、というお願いをしました。銀行さんのご支援なくしては、当社は成長していけませんし、それ以上に、社員さんの応援なくしては会社が存続できません。そして、お客様、取引業者様、地域の皆様から、必要とされ、大切にされ、応援していただき、愛される会社にならないと、今後永続していく会社にはなれないな、などと考えていました。

皆さんは、どんな人を、どんな会社を、応援していきたいですか。オリンピックやワールドカップで、自分の代わりに世界と戦ってくれるアスリートは応援したくなりますよね。地域の誇りであるコロナや亀田製菓やナミックスも応援したくなります。でも本当に応援したいのは、頑張っている、悩んでいる、自分の子供であり、妻や夫であり、父母であり、友人ですね。愛情や友情が応援の根底にあると思います。わが社も社員の皆さんから愛情を持って応援していただける会社になりたいと思います。そのために「本づくりのプラットホーム」がよりわかりやすく見える化することが私の仕事であり、その実現に一歩ずつ進んでまいります。

 

3月のテーマ

可能思考の習慣を付けよう!

「できる」と捉えたから、全てのことがうまくいくわけではないですが、「できない理由」を考えるより、「できる方法」を考えたほうが、いろいろなチャンスが生まれ、人生も、仕事も楽しくなると思います。人生は常に難しい壁と直面していきますが、できる方法を考えて、壁を乗り越える人生のほうが楽しい気がします。

 

3月の方針

1.お客様の立場に立って考えよう。

木戸製本所は繁忙期、当社のお客様も一番の稼ぎ時であり、当社もお客様から一番必要とされる3月です。

お客様がどのように考えて、当社に発注していただいているのか、お客様の立場に立って、仕事に取り組んでいきましょう。

 

2.工場優先順位を守ろう

1.安全2.品質3.納期  軍手で機械に手を巻き込まれたりすることがないように、また、コードを踏んでの仕事や、足元がクズだらけなど、足元に特に注意して仕事を進めましょう。

 

3.目標達成しよう

3月が私たちの一年間の中で一番仕事をいただける月です。お客様の信頼に応えて、チャンスロスやミスを無くし、目標売上を達成しましょう。