朝日カルチャーセンター 京都教室「俳句を楽しむ」

講師 田島 和生 様(京都府・京都市)

 

 5月10日、新潟から3月に就航した「peach」に乗って上洛して参りました。うかがった先は、昨年12月に合同句集出版のお手伝いをさせていただいた「朝日カルチャーセンター京都教室」。「写生と即物具象」を根本に指導にあたられるのは俳誌「雉」主宰で「晨」同人の田島和生さん。21年にわたりこの教室を指導している田島さんの傘寿のお祝いにと、会員が自発的に役割を担い、何度も打ち合わせを重ね、完成したという合同句集『俳句樂々』。「俳句を楽しむ」という名の講座は、どんな句会となるのやら。

 

月2回の開催ということもあり、句会に先立ち次回の兼題はどうするか事前に講師の選んだ「椎の花」「栗の花」「柿の花」の中から多数決で選びます。途中、少し遅れて博さんが登場。どれがお好みか意見を伺うが「2票差なら、僕が柿の花言うても椎の花の勝ちやね」と、実に民主的な会。

次に、一冊の句集から講師が10句を抜き出して講評、その中で各人が好きな句を2句選び、それぞれの好みを比べます。今日の一冊は前田攝子句集『雨奇』。

続いて、前回決めた兼題「春昼」とその他雑詠2句(計3句)の中から各自好きな句を2つ選んで褒めます。これに対する講師のコメントと添削がこの句会の醍醐味。

 

▲常に笑顔で傘寿とは思えない若々しい田島さん

 

春昼やゆくりゆつたり宛名書き              市男

春の昼、ゆったりした気持ちで友だちに手紙を書いている。「ゆくりゆつたり」の表現がいい/気だるい春の昼にゆっくり宛名を書くのはぴったり。

田島…ゆくりとゆつたりは同じ言葉だから、ゆつたりを外して誰に対する手紙かを入れてもいい。

春昼や友へゆつくり宛名書く

 

対岸に風車高々春の昼    千香子

最初、日本の景色?と思った。風力発電の風車かも。

田島…その通りを写生した句。「対岸」を入れたことで川に映っている感じも出た。ただ風車なら高々は当たり前。動くとか回るとか、入れてみては。

対岸に風車の回り春の昼

 

猫ひざに母の独語や春の昼         ゆき

母親が猫をなでながらゆったり座って独り言をつぶやいている。いかにものんびりとした春の昼の光景。

田島…ええ雰囲気やね、幸せそうで。

猫抱いて母の独語や春の昼

 

家持の桃に執しし春の昼            類子

意味がわからなかった/桃は秋の季語、桃の花は春の季語やけど…。

田島…「ゴッホのひまわり」と一緒で、この場合「家持の桃」は季語にならない。大伴家持に「春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」という歌がある。春の昼に、いつまでもその歌が頭に残っている、というかなり高尚な句。

採ろうと思ったが「執しし」がひっかかった。元歌のテーマは決して桃が主題ではなく乙女だから。

家持の桃の花読み春の昼

 

▲一人27句と小文からなる合同句集『俳句樂々』

 

ここで突如、市男さんが教室の窓越しに見える景色を見ながら「類子先生、この空の色を群青色いうんですかね、いい色や」と、東山の背景に広がる暮れなずむ空の色を、絵の先生である類子さんに問う。確かに暮色がきれいだ。そして、この会、実に自由だ。

春昼の町駆け抜ける救急車        育子

良…ゆったりとした春の昼に、あれっという意外性。この句を選んでいたときにちょうど救急車が通り、サイレンの音がだんだん小さくなって…駆け抜けるってこのことか、と。

田島…良さん、最近句評が急にうまくなったね、どうしたん。気持ち悪いわ(笑)。

春昼の町へサイレン駆け抜ける

 

春昼の牧場に牛の群れ臥せり    修道

絵になっている、でも決まりすぎや(笑)。

田島…決して悪い句ではないが、群れ臥せりが今ひとつ。臥すはふつう病気の場合に使う。坐るとか、田舎っぽい表現だがねまる、もある。

群れ牛の牧場に坐り春の昼

 

春の昼黒髪ゆれて匂ひけり        博

田島…少女とかこういう句は、葵生さんが好きなんだわ、そしたら案の定採ってる(笑)。修道さんも青春性のある句好きやな、元気さの象徴だ。

作者…満員の地下鉄に女子高生が乗ってきて、髪振り乱して喋っとるんですな。汗とシャンプーの混じったなんともいえん匂い。青春時代を思い出してそれで黒髪ゆれて、と入れたんです。すんません(笑)。

春の昼黒髪濡れて匂ひけり

 

猫カフェの窓に三毛の手春の昼              陽一

猫嫌いなんですけどね、何となく/猫カフェってどんなん? /猫を触らせてくれて、猫好きは癒される。今はフクロウカフェもある。

田島…おもしろい句や、よう詠まれたな。ただ、三毛まで言わなくていい。

猫カフェの窓へ猫の手春の昼

 

 

 

●雑詠1

暁の谷に鶯の声高し       修道

田島…声高しまでいわなくていい。俳句は鶯や、でそこに鶯が鳴いているよ、ということになる。

「谷」はたに、と読んだ方がいい? 五七五の定型という考え方でいうと「や」になるのかと/鶯の鳴き方に「鶯の谷渡り」という言葉がある/そうすると「声高し」はいらんいうこと?/先生、この句は「あかつき」より「あかとき」と読んだ方がいいのでは?

田島…確かに「あかとき」でもいい。「へ」の方が動きが見える。

暁の谷へ鶯響きけり

 

帰り道青草結ひて作る罠            葵生

蚊帳吊草の一種や思いますが、懐かしい/ほんと、懐かしさに共鳴する。

田島…草を縛って、来た人をひっくり返すやつやな。「帰り道」が邪魔、説明っぽい。道だけでいい。

罠作る道の青草確と結ひ

 

入れ替り壁の巣急ぐ若燕            信男

若燕なんて季語あるんかな/若い燕という言葉がなあ、気になるなぁ(笑)/入れ替わって夫婦になった燕が巣をつくっているということ。

入れ替はり壁の巣づくりつばくらめ

 

道問へば牛もかほ出す豆の花      育子

ユーモアがあっていい。

田島…おもしろいが、類句がありそう。豆の花がいい。

道問へば牛の顔出す豆の花

 

凱旋門くぐりし目の隈にリラの花          類子

田島…目の隈ってなに?

目の端にっていう意味でしょう。

田島…そういう意味か。パリの旅行で疲れてできた目の隈かと。

そんな野暮ったいこというてまへん、リラの花やのに(笑)。ローマ軍が凱旋してきた、その時に馬上からチラッと見たらリラの花を挿した彼女がいた、そういう意味でしょ (笑)/凱旋門が背景の枠に見えるってこと。

田島…目の隈が気になった。

凱旋門くぐりて仰ぎリラの花

 

一心の混声響む聖五月    節子

田島…これまた力の入った句やな。一心が強すぎる。混声合唱が響いているだけでいい。

混声のホールに響み聖五月

 

青梅の笊に盛られて香りたる      良

田島…香りたる、だけでは平凡やからもう少し色気をつければ

青梅の笊に盛られてよく匂ふ

 

桜餅惚けし友の苞にせり            ゆき

田島…惚けてきた友だちの土産に桜餅を買ったということ? もう少しやわらかい表現に。

作者…私のことを思い出してほしいという願望もありつつ。

桜餅惚けし友へ提げゆけり

 

茄子苗もしし唐苗も花ひとつ   市男 

それぞれの苗に花が一つずつついているということ、音の調子がいい。

田島…「も」だと句が中だるみになるから「や」で切ってもいい。

茄子苗や獅子唐苗や花ひとつ

 

●雑詠2

夏隣川に鵜除けのロープ張り      信男

田島…養殖場みたいなところ? ロープを張って鵜よけをしているというおもしろい風景。

作者…これ鴨川の四条を下がったどんぐり橋の辺り。鮎の溜まり場にロープを張って鵜に取られないようにしてますよ。

雨の朝霧島つつじ満開へ            陽一

田島…信男さんと良さんが今度も一緒にこの句を選んだね。二人はどこか黒い糸か何かでつながってるのか気が合うね。

信男…ぼろぼろの糸や(笑)。霧島つつじはきれい、特に雨の長岡天満宮。10年くらい長岡京に住んでいたが、毎年見に行っていた。

田島…雨の朝より雨上がりの方がきれい。

満開の霧島つつじ雨上り

 

さざ波の煌めくダム湖夏近し      育子

田島…この句めちゃくちゃ沢山選ばれたね。これだけ選ばれたら文句言えないな、もう何も言いません(笑)。

さざ波のダム湖きらめき夏近し

 

遮断機の棹先揺るる薄暑かな      良

田島…よく詠まれている、薄暑という季語が効いている。

遮断機の棹先の揺れ薄暑かな

 

都路に散り積もりたる銀杏花      市男

田島…銀杏花より銀杏の花の方がいい。

都路や銀杏の花の散り積もる

作者…お恥ずかしい話、70歳を過ぎて初めて銀杏の花を知った。いつ咲いていつ実がなるんか不思議やったんですが、今年ほんまに都路に積もるほどの銀杏の花を見た。栗の花の短いのが京大の正門の東大路のところ一面にばーっと。それで何とかこれを俳句に残しておきたかった。先生の直された添削の句を、ぜひ私の句にさせていただきたいと思います(笑)。

 

▲お一人おひとりの色がはっきりとしたメンバーの皆さま

 

★「俳句を楽しむ」という講座名にたがわず、初心者からベテランまで、自身の思うところを忖度なく自由に、先生にもはっきりと発言なさる。京都ならではの言葉と地名が飛び交い、脱線も大いにあるこの会が21年も続いているのは、ひとえにおおらかでチャーミングな田島さんのお人柄と丁寧なご指導ゆえと見た。当日は句会のあと二次会、三次会とご一緒させていただいたが、皆さん、口々に「講座に出れば元気をもらえる」、「先生のこの講座が続く限り参加したい」と。相思相愛の実に気持ちのいい会だった。(木戸敦子)