メニュー

カテゴリ

月別アーカイブ

スタッフブログ

喜怒哀楽な日々 喜怒哀楽書房より自費出版をはじめとした様々な情報をお届け致します。

載ってます!(/・ω・)/

みなさんこんにちは!

スタッフFです。

ここ数日は暖かく……むしろ昼間は暑いくらいの陽気ですね。

そして、もうすぐゴールデンウィーク!

皆様、ご予定はお決まりでしょうか。

 

そんな中、本日4月25日発売の、角川さん『俳句』5月号に

弊社の広告が載っております!

ババン!

お時間ある方は、書店さんで手に取ってご覧くださいませ~☆

 

 

:ふるかわくみこ

【ゴールデンウィークの休業のお知らせ】

まことに勝手ながら、下記の期間において休業とさせていただきます。

この間にいただきましたお問い合わせにつきましては、営業日に順次お返事いたします。

なにとぞご理解とご協力のほどお願いいたします。

期間:4月29日~30日

5月3日~7日

 

「もも句会」への反響

 

現在「喜怒哀楽4月号」のアンケートが続々届いています。

句会を訪問したりお客さまをインタビューするコーナー「笑顔礼讃西・東」に

ご登場いただいた岡山の大学生を中心とした「もも句会」にも、このような声が届いております🍑

 

一部ですが、ご紹介させていただきます。

 

☆  もも句会拝読させていただきました。はち切れそうな若さのグループで

岡山に届くような大きな拍手を送ります。

☆ふるさと岡山のもも句会。さわやかな現代俳句の感あり。好感!

☆もも句会の瑞々しい感覚の句や、やり取りがとても心に響きました。

☆もも句会の若い人達の俳句の向きあい方に感動しました。

☆「もも句会」感性豊かな若者たちの句に圧倒された。すごいですね。

☆若さ溢れるもも句会取材、佳句多く元気をいただいた。

☆とても衝撃的でした。ふるさと岡山にも伝統の後継者あり。

☆もも句会に接し、こちらまで若返ったような気持ちです。

☆はちきれんばかりの感性に圧倒されました。

 

ぜひ「喜怒哀楽」を読んでみたいという方は、下記まで。

http://www.eseihon.com/inquiry/

※「ご質問項目」のポップアップから「喜怒哀楽購読希望」をお選びください。

 

 

 

昨日は、これ以上望むべくもないという晴天のもと、お客さまとスタッフSと

3人で都内を散策いたしました。

 

▲迎賓館赤坂離宮を後ろから望む

 

この86歳の有難いお客さまU様とお会いし、お話をお聞きしていると、

どう生きるべきか、人としての在り方をその生き様で教示していただいる気がして、

その度に、襟を正されます。

 

▲迎賓館赤坂離宮にあった生垣は
珍しい「ベニバナトキワマンサク」

 

U様の足元には全くもって及びませんが、伝えていただいていること

まずは「笑顔」と「感謝」そして「前向きに」日日実践していくことが、

ご恩に報いることだと思っています。

 

きどあつこ

姥桜(うばざくら)

昨日の花見の最中の会話、

「これがソメイヨシノ」

「これは八重桜」

「この白い桜はな〜に?」

「うば桜じゃない?」

姥桜. 【意味

  姥桜とは、ヒガンザクラやウバヒガンなど、葉が出るよりも先に花が咲く 桜の俗称。

  娘盛りが過ぎても、なお美しさや色気が残っている女性。

姥桜の語源・由来 】

   姥桜は、花の盛りに葉がない桜を、歯のない姥にかけたもので、

  かなりの年増でありながら艶かしい女性もいうようになった。

  現代では、美しさを表す「桜」よりも、老いを表す「姥」に重点が移り、

  年甲斐もなく若作りをしている女性を指すようになった。

調べたらこんなことが書いてあったが、最近そんな女性が事件を起こしたような…

痴情のもつれによる事件も高齢化にともない、

被害者も加害者も80歳以上だったりしてビックリするwpicon_179.gif

▲足下に散った桜がたくさん

wpicon_241.gif

「うば桜」や「散りぬる桜」などという言葉に敏感に反応してしまうスタッフもいる

艶は匂へど散りぬる桜

wpicon_241.gif

色気より食い気!

飄々といきたいものだ

wpicon_241.gif

かみむらまちこ

 

お花見2017

 

天気予報と桜の状態を半月前から入念にチェック、

スタッフのスケジューリングも万全、

ランチの手配も抜かりなく…

きょうは、待ちに待ったお花見の日。

 

寒さが残るものの、雨は降らないでいてくれました。

桜も、ここ数日の強風と雨に負けずに待っていてくれました。

 

 

温かいハンバーガーとスープを桜の下でいただく一同。

(思い出の味としてシェイクを頼んだスタッフもいましたが!)

 

食べ終わった後は、桜の写真を撮ったり、

キャッチボールに興じたり…と、それぞれ楽しみました。

 

昨年は悪天候で中止になってしまいましたが、

今年はみんなでお花見ができてよかった。

 

 

すがまりこ

これは、まさかの……(;´・ω・)

みなさんおはようございます。

スタッフFです!wpicon_033.gif

 

昨日からすごい風でしたが、本日は雨!wpicon_035.gif

なんとなく肌寒い気がします。

で。

危ぶまれるのが

お 花 見

ですよ!!

スタッフKのロケハンとか天気予報とか、メンバーの揃い具合とか。

色々考えてくれて、20日はどうか!てことになっていたのに……。

お願い晴れてくれー!!

 

こんな時期に降る雨は「桜雨」「桜流し」というそうです。

また、桜の花にかかる雨は「花の雨」といい、春の季語にもなっています。

うわっ、なんか知らないけどキュンとする……!!←どうした

 

うちのお庭の枝垂桜はまだまだ頑張っているけれども、どうかなぁ。

 

▲去年の桜

 

:ふるかわくみこ

続々と・・・ありがとうございます(^o^)

きのうから今朝にかけて新潟市は強い風が吹きました。

ほぼ満開の桜の花びらは風に舞って

演歌歌手のステージのような桜吹雪となったのでは?

とまだ恒例のお花見をしていない私達。

いきつけの公園は遅咲きです。

だいじょうぶ、だいじょうぶ。

楽しい写真をお届けしますね(^o^)/~

 

さてカラー刷新となりました喜怒哀楽情報誌4-5月号!

皆様のうれしい反響を続々といただいております。

本日到着分です↓

昨日も多くのお客様からいただきました。

私達スタッフの励みになっています。

心から御礼申し上げます。

ありがとうございます(^o^)

まだお読みになっていらっしゃらない方、

お読みになりたいとお思いの方、

お気軽にお問い合わせくださいませ…(^O^)

 

三大夜桜名所に昼間いってまいりました(笑)

初めての高田公園です。昼ももちろん美しいですが

是非とも来年は夜桜を堪能したいものです。

やまだちあき

 

 

 

 

桜ざんまい

 

16年目を迎えた弊社の隔月刊の情報誌「喜怒哀楽」。15年を経て高校生。

思春期となり、ちょっぴり色気づいて91号を数える最新の4月号からはついにカラーに。

 

 

そして付録として今回からお付けしているのが、このしおり。

 

これは新潟県糸魚川市出身の批評家・随筆家 若松英輔さん(1968年生)の著書『悲しみの秘儀』

からの引用ですが、特にこころに響く言葉を著者の承諾を得て、しおりの両面に掲載しています。

 

かつて日本人は、「かなし」を、「悲し」とだけでなく、

「愛し」あるいは「美し」とすら書いて「かなし」と読んだ。

―若松英輔『悲しみの秘儀』より

 

春は楽しいことと同等に、かなしいこともあるように感じます。

「かなし」という気持ちの底流にある「愛し」「美し」の気持ちが、そう思わせるのかもしれません。

 

今後、どの言葉をどんなイメージでしおりにするのか、作っているこちらも楽しみです。

喜怒哀楽をご購読のうえ、毎回のこの言葉のプレゼントを受け取っていただけたらと思います 

 

お申込みはこちらまで👇 質問内容のところに喜怒哀楽購読希望とお書きください。

https://eseihon.sakura.ne.jp/inquiry/

 

そして、この週末は桜も満開で見ごろだったこともあり、いつものやすらぎ堤の

桜のアーチの下を走りたくて、金曜日の夜と土曜日の夕方にお花見ランニンニグ🌸

 

ほんと、うっとりしながら、こうやって元気に走れる今をありがたく思う。

 

友だちからも、たくさんの🌸報告が写真付きで送られてきた。

毎年、この花の動向には無関心ではいられないどころか、心が動いてしまうのは、

日本人としてのDNAなのか何なのか、どうにもしようがないらしい。

 

そんなとき、この桜のありようが、まさにあの言葉…

 

かつて日本人は、「かなし」を、「悲し」とだけでなく、

「愛し」あるいは「美し」とすら書いて「かなし」と読んだ。

 

と重なって感じられた。

 

さまざまなこと思い出す桜かな 芭蕉

 

歳を経るごとに、さらに様々な想いが重なり、よりこれらの言葉の意味を

深くかみしめるような気がする。

 

そして、昨日は6人で今年初めての山行!

当社で本を作ったくださった、角田山は庭のようなものという、植物の専門家

笹川さんのガイドで、今回も楽しく学びながらの一日となった。

 

地元の方しか知らない、明るみに出ていないコースには、まだカタクリも

雪割草も残っていて、花に山菜に、山の宝を堪能する。

ヒーヒーいいながら角田山を走っていた先週とは、えらい違いだ。これがいい( ;∀;)

 

 

やっぱり、春は大好きな季節。4月もあと2週間。そうしたら最高の風薫る5月だ☆彡

今週もふぁいてぃーん(*‘∀‘)

 

きどあつこ

▲新津名物  三色団子も限定春バージョン

春なのにまだ寒い

桜も咲き始めて、色々な花も咲いていますが肌寒い。

ぽかぽかな場所で桜を見たい。

先日、新潟市秋葉区の花ステーション、うららこすどで白いアザレア?の鉢植えを買いました。

綿菓子みたいになっていて一目惚れです。

今日は金曜日、午後から次週のスケジュールや改善とかを出して、スタッフ全員で話合います。

 

金子ゆり子

春霰

 

今朝は春の霰が降りました。

季語では「春の霰」「春霰(しゅんさん)」。

まだまだストーブに居てもらわないといけません。

 

来週花見の予定のスタッフ一同は天気が心配です。

桜が散ってしまいませんように。

 

写真は、夕暮れどきの寒そうな桜。

 

すがまりこ

花は咲いたか…

みなさんこんにちは。

スタッフFです°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

なんだか新潟は昨日から寒いです。

 

そんななか、スタッフKに様子をうかがってもらいつつ、

恒例のお花見の日程などを決めておりますwpicon_241.gif

スタッフKの観察眼は絶対。

来週かな~?とは思っているのですが、さて、暖かくなりますか。

なんか、毎年肌寒い印象があるので、今年はぜひポカポカだといいなぁ。

 

▲トラヤカフェのお汁粉

傷ついた(?)心に沁みた……

 

 

:ふるかわくみこ

 

1 / 14012345...102030...最後 »

お問合せ・お見積りは、お電話またはメールにて承っております。

まずはお気軽にご相談ください。(お問合せ、資料請求、お見積りは無料です)

メールフォーム
お問合せフォーム 本のサンプル お見積りフォーム
住所:〒950-0801 新潟市東区津島屋7-29 株式会社ミューズ・コーポレーション(喜怒哀楽書房)