メニュー

カテゴリ

月別アーカイブ

スタッフブログ

喜怒哀楽な日々 喜怒哀楽書房より自費出版をはじめとした様々な情報をお届け致します。

日本の様式美

 

昨日、4月22日(日)、当社で絵の作品集をお手伝いした後藤太郎さんの作品展が、

旧齋藤家別邸で行われていたため、お邪魔してきました。

 

 

入口付近で、絵を描いている人が。あれ?  やはり後藤さんが鉛筆で「行形亭」をデッサン中でした。

沼垂テラスや、新潟の風景を切り取った作品から静物まで、次回開催時はご案内いたしますので

ぜひ一度ご覧ください。

 

▲右 後藤太郎さんご本人の解説付き(笑)

 

そして、同時開催ということで、以前から興味があった「お庭やお屋敷の見方を教えてくれるセミナー」

に参加しました。講師はは娘の保育園のお友達のお父上で「庭屋一如研究会」を主宰する藤井哲郎さん。

終始笑顔で内容もわかりやすく、2時間半もあっという間。

 

▲今はNEXT21が借景

 

まずは解説なしで大広間から庭を眺め、一部屋ごとに4分くらいずつ時間をかけて

下座に座ったり、上座に座ったりしながら、感じたことをメモします。

その後、実際に「鑑賞のポイント」の解説を聞いて、再度一巡。「あー」や「へー」の連発で

なるほど! と目からウロコが落ちるという、ぜひおすすめしたいセミナーです。

 

 

今まで、お屋敷や庭園に行っても「わー、きれい」と、ササッと見る程度でしたが、

今後は一つひとつの意味を理解しながら、じっくりと見たいと思いました。

まぁ、忘れてなければですがー(゚∀゚)。

 

▲「額縁効果」書院窓越しは見る人を限定した特別な景色に

 

昨日は夏のような暑さという前情報もあったため、朝6時頃から新潟島を一周ラン。

朝日に照らされた朱鷺メッセ、やすらぎ堤のチューリップと八重桜と雪柳の饗宴。

春爛漫を満喫したランニングでした。

 

 

今日は昨日のイレギュラーな暑さも引き、これからが一番好きな季節♬

元気出してゴー!!

 

きどあつこ

赤字ってな〜に?

①〔簿記で,欠損を赤インクで記すところから〕 支出が収入や予算より多いこと。

②印刷の校正刷りなどに書き込んだ訂正指示。

訂正指示は、赤ペンをつかって書き込まれるため赤字という。

文字校正では、誤字、脱字などへの訂正指示が印刷校正記号をもちいておこなわれる。

 

辞書で調べるとこんなふうに書いてあります。

①の意味はゾッとしますが、本づくりでは②の意味です。

じゃあ校正とは何かというと

原稿とくらべ合わせて、文字の誤りを正すことです。

 

たまに「赤字ってな〜に?」って聞かれることがあるので

この場を借りて説明させていただきました。

 

▲今日は我が社のお花見でした

ソメイヨシノは葉桜になっていましたが

八重桜が満開で私たちを待っていてくれました

 

かみむらまちこ

 

 

花は盛りに、月は隈なきをのみ…

お花見のタイミングがうまく合わないとき、

思い出すのは『徒然草』の

「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは」の一節。

 

「散りしをれたる庭などこそ、見どころ多けれ」ともあります。

今年の花見は、いっそう趣深い予感。

 

それにしても、久しぶりに『徒然草』を読むうちに、

こんなに面白かったかしらと思う一文もあり(笑)

長い時をこえて残るものの力を感じます。

 

「詠み人応援マガジン 喜怒哀楽」では、

古典に親しむコーナー(連載)があり、人気です。

下記リンクからご覧になれます。

 

詠み人応援マガジン

 

昨年の花見ふたたび。

 

すがまりこ

花見ー!!!

みなさまこんにちは、スタッフFです☆

今日は、昨日の天気予報通りに雨……wpicon_035.gif

今年はお花見に恵まれず。

って、昨日までのブログで何回も聞きましたか。

そうですか。

 

悔しいから(?)。

我が家の庭の枝垂桜でございます。

ライトアップされております。

……あやしい(ぇ)。

今年は、ゆっくりとお花見できず。

何かのついでにチラ見するくらいでした。

来年こそは、ちゃんとしたお花見したいぞ。

 

 

:ふるかわくみこ

桜と印刷機

 

弊社恒例の公園お花見ランチは明日の予定でしたが

雨らしいので20日に延期となりました。

これは高崎の八重桜ですが、新潟もきれいに咲いています。

 

オンデマンド印刷機は今週もよく回ってくれます。

お客様の「抱きしめたい本」づくり、百花繚乱ですwpicon_241.gif

これはモノクロ機の中身

 

 

いしやまゆきこ

本のお化粧

 

さっき朝のミーティングをしたと思ったらもう3時近く。

週の初めから、お見積り依頼がメールやFAXで、そして「また次の歌集のお願いをしたい」、

「今日原稿送りました」…等のご連絡をいただき、うれしい限りです。

 

さて、本を読む際には、もちろん広げて見るわけですが、見るところはそこだけにあらず。

並製本(ソフトカバー)にはありませんが、上製本(ハードカバー)の本の上(天)や下(地) から

見える部分があります。

 

 

それが…【花布】(と書いて「はなぎれ」と読みます。英語ではヘッドバンド)と

 

 

【スピン】(「しおりひも」のこと) です。

 

 

色もこのようにたくさんあり(これ以外にもまだまだ!)、当社では、表紙や表紙カバーの色とともに

装丁をトータルで考える際に、それに合う色を選んでいます。

目立たない部分かもしれませんが、アクセントや差し色になる本の「お化粧」部分でもあります。

 

お手元の本や、書店に行った際に手に取って確かめてみてくださいね。

いろいろなものがあります。

 

週末は寒かったですね。

たまたま昨日、三条に行く用があり在来線を利用しましたが、ちょうど昨日から、

在来線のホームが高架化に。新しい改札ができ、ホームもきれいになっていました。

 

名残りの桜を愛でながら、新潟島を走った際には、途中「りゅーとぴあ」を経由すると、

まだまだたくさんの人が寒い中、お花見をしていました。

春の季語「行く春」「春惜しむ」、過ぎ去ろうとする春との別れは名残り惜しいものです。

 

 

延期中の当社のお花見も…ついに水曜日に挙行されるのか!?

八重桜がちょうどよいといいなぁ🌸🌸🌸

 

きどあつこ

想い出の紙焼き写真をデータで保存できる?

春は卒業式・入学式のシーズン!

我家の娘も今年小学校へ入学しました。

ピカピカのランドセル姿を記念に

写真屋さんで撮影してきました!

 

 

みなさまのお宅でも大切な記念写真

数多く眠っていませんか?

紙焼き写真だと保存方法がしっかりしてても

変色したり、劣化したり、シミができたなど…

大切な想い出の写真がダメになってしまいます。

 

 

知り合いから

紙焼き写真をデータ保存できるか?」

と質問されました。

当社スキャナーでスキャンして

画像にして保存し、本にすることもできます。

お客様の中には、原画をスキャンして

データにする方もいらっしゃいます。

データで保存しておけば、劣化せずに好きな時に

好きなように形にできます。

上記のように困っている方いませんか?

お気軽にご相談ください。

 

よしだひとみ

 

春になると、行きたくなるところ?

 

そろそろ、「詠み人応援マガジン 喜怒哀楽 4-5月号」が

お手元に届きはじめる頃でしょうか。

 

今号の「詠み人スクランブル」のquestionは、

“春になると行きたくなるところはどこですか?” です。

 

 

皆さんは、どこに行きたくなりますか?

 

私は、春になると

会社近くの津島屋公園が気になりだします。

というのも、毎年ここでお花見をしております。

 

先日の夕方、花見のロケハンへ。

ソメイヨシノは葉が少し出ていましたが、

八重の方はつぼみが開いてきたかな?ぐらいで

まるで私たちの花見まで待ってくれているようです(笑)

 

活動的になっていく季節、来社くださるお客様も冬より

増えてきて嬉しい限りです。

本づくりに関すること、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

 

すがまりこ

 

暖かいような寒いような…

おはようございます、スタッフFです☆wpicon_034.gif

本日は何となくどんよりしていて、肌寒い気がします。

あったかくなったり急に寒くなったり……。

落着かない。

 

そんな肌寒い日はやはり……。

温かいスープに限りますね!

いや、おみそ汁ですけどね。

みそ汁とおかかごはんです。

おかかもりもりでご飯が見えません。

ほぼおかかでした。

こんなにおかかを食べることになろうとは、誰が予想したであろうか。

おみそ汁には、たけのこが入っていました。

日本人で良かった。

 

「たけのこ」ですが、春の季語……と思いきや夏の季語でした。

初夏のころ。

ちなみに「春の筍」と言うと、晩春の季語になるようです。

 

そして、何気なく「かつお節とか季語にあるのかなぁ???」なんて調べてみたら。

……あった。

 

鰹節製す

 

かつおぶしせいす!!

これも夏の季語のようでした。

鰹節を作ること。

 

ということはアレですか。

私のこの時の食事は夏だったということですか。

そうですか。

……え、ねぇ、待って寒い。

寒いからおみそ汁であたたまろうと思ったのに夏の季語盛沢山(笑)。

季節を先取りでした。

 

さて。

本日もがんばりましょー。

 

 

:ふるかわくみこ

原稿はどの状態で送ればよい?

 

よくお客様から聞かれます。

「原稿はどの状態で送ればよいですか?」

答えは

「どのような状態でも!」です。

 

ご自分でパソコンに入力し、出力して、

さらに製本したかのような原稿もあれば、

いままでノートに書き留てあって、

選句した句、歌、詩だけに印がしてあるから

あとはよろしく!

と、いろんな原稿をいただきます。

 

「ぐちゃぐちゃなのよー」

と仰るお客様もいらっしゃいますが、

どれもお客様の大切な原稿です。

 

こちらとしては、CDやUSBなどのデータでいただければ

いちばん有り難いですが、

データにするのが難しければ出力紙でもよいですし、

パソコンが苦手で入力ができないようであれば、

手書き原稿でも大丈夫です!

(出力紙、手書きの場合別途入力料がかかる場合がありますのでご相談ください)

 

せっかくの俳句、川柳、短歌、詩、日記などなど

そのままにしておくのはもったいないです。

纏めて残しておきたい…と悩んでおられる方は

ぜひ「本にして残す」を一度考えてみはいかがでしょうか。

 

 

きぶし ふみえ

 

1 / 16412345...102030...最後 »

お問合せ・お見積りは、お電話またはメールにて承っております。

まずはお気軽にご相談ください。(お問合せ、資料請求、お見積りは無料です)

メールフォーム
お問合せフォーム 本のサンプル お見積りフォーム
住所:〒950-0801 新潟市東区津島屋7-29 株式会社ミューズ・コーポレーション(喜怒哀楽書房)