3月は卒園・卒業式シーズン。

わたしも3月末に式を控えているので

旅立ち別れで悲しく寂しい想いをしたり、

期待やワクワクが入り交じった複雑な

気持ちで過ごす今日この頃です。

 

この仕事に携わっているものの使命

とでも言いましょうか(←大げさですね)

娘の保育園の卒園文集を今制作中なのです。

本づくりはある意味初心者です。

保育園の思い出はもちろん、別々の小学校へ行って離れてしまう子、

子供達が大人になった時にこの文集を見返して

こんなに大きくなったとか、親から子供へのメッセージとか

『いま』を残すことで未来につながる!!!!!

卒園文集つくろう!の会結成(ゆるーい2名)

予算のことや、紙や製本のこと、どういうレイアウトにする?から、

名前や写真掲載、使用許可確認など、自分の本ではないところも

また悩みが尽きない日々です。面倒だからと作らないという

判断もできますが、私は保護者の声や熱い想いを受けたので

やはり使命をもって取り組んでいます。

(熱い想いをブログで綴ってすみません)

 

改めて本という形にすることの意味を

お客様目線で体感していて思ったこと。

本づくりのスペシャリストに囲まれ、

それを実現できる環境があることは

素晴らしいなあ〜と感じています。

私が困っていてスタッフに話すと

親身に相談にのってくれました。

 

みんなの想いをのせた素敵な文集が

できあがって卒園できますように☆★

 

よしだひとみ