秋も深まり、そろそろ銀杏が色づいてきた頃でしょうか?

 

日本の伝統色の黄色を調べてみますと

山吹色

鬱金(うこん)色

梔子(くちなし)色

黄蘗(きはだ)色

黄金色

などが代表的でこのような色名は、しっとりした日本の風景や季節を感じさせます

 

印刷物の色はCMYKや特色インクの番号で表現しますが

たまにお客様から日本の伝統色の色名で指示してくださる方もいらっしゃいます

そういう時はインターネットで調べると

黄蘗色 C15% M20% Y92% K0%

などと知ることができます

便利なものです

 

電話の言葉や手紙の文字で色を伝えようとしますとなかなか難しいもので

お客様からは煙草のピース缶の色だとか

先頃は金足農業のユニホームの紫色などと指示をいただきました

そんなところからお客様の生活の一端などをかいま見ることができ

楽しくデザインさせていただいてます

 

▲にぎわい市場 ピア万代(新潟市)で

 

かみむらまちこ