寒いですね~。

七十二候では「にわとりはじめてとやにつく」。

とっても寒いけれど、

鶏は春を感じはじめているのでしょうか。

 

さて今日は、お客さまとのご連絡について

どのようにしているか?についてお話したいと思います。

 

最初のお問い合わせは、

お電話やメール、FAX、お手紙で頂戴することが多いです。

 

その後、お手伝いさせていただくことが決まりましたら

同じくお電話やメール、FAX、お手紙でご希望をおうかがいし、

装丁デザインや本文のレイアウトをしていきます。

 

ご希望の方とは、直接お会いして、打ち合わせをすることもあります。

当社までお出でくださる方も。

応接室には、これまでお手伝いさせていただいた本がずらーり。

 

 

 

デザインやレイアウトが出来たら、

校正ゲラという形で、お客さまにお送りいたします。

こちらは、ヤマト運輸さんの宅急便や、JPさんのレターパックで

お送りすることが多いです。

 

お送りの際に、ご返送用レターパックを同封しています。

こちらに、チェックいただいた校正ゲラなど書類を入れて、

ご返送いただいています。

このレターパックは、直接ポスト投函できる優れもの。

 

▲レターパック。すでに切手が貼ってある状態なのです

 

この校正のやりとりを複数回繰り返し、チェックを完了。

印刷・製本に入っていきます。

 

完成した本は、ヤマト運輸さんの宅急便でお納めを

させていただくことが多いです。

 

電話やメール、郵便の便利さをめいっぱい享受しています。

ありがたや…wpicon_098.gif

 

遠いからちょっと心配だなあ、

という方もいらっしゃると思いますが、これまで

北は北海道、南は鹿児島のお客さまがいらっしゃいます。

そして、海外にお住まいの方も。

 

「遠いけどお願いしてよかった!」との言葉を

いただけると嬉しくなります。

 

これからも、心得七か条にある

「お客さまとの心のつながりを大切に」して

本づくりのお手伝いをしてまいりたいと思っています。

 

すがまりこ