さわやかな6月の月曜日♬

本日、隔月の情報誌「喜怒哀楽6-7月号」がお客さまのもとへ旅立っていきます。

 

全体を通しての色調は「サングリア」のイメージ。

サングリアは、赤ワインにスライスした果物と甘味料を入れ、

風味付けとしてブランデーやスパイスを加えたお酒で、色はきれいな赤紫色。

 

 

「にいがた食の歳時記」の藤五郎梅とマッチして、清涼感のある誌面になっています。

と思うのは私だけ??

 

今回も新コロナウイルスの影響を受け、お客様のインタビューは原稿をお寄せいただく形での掲載です。

他、スタッフ松野の95歳の祖父の「写真自分史づくり」のルポ、不肖木戸の「句集への道」、

それぞれ2回目の登場です。

 

そして、時代を映すという意味でも、今回のスタッフ写真は日常のまま

マスク姿で失礼させていただきました。8月号では笑顔をお見せできることを祈りつつ!!

 

 

そしてそして、マスクになって以来、化粧をしなくなった人、

そして見える部分半分しか化粧をしない人がいてオドロイタ!!

この日は事前に撮影を周知していたため、一応は全員メイクしている、はず。

 

喜怒哀楽のバックナンバーはこちらから、どうぞ。

https://www.eseihon.com/magazine/

 (押したからって「高嶺の花子さん」は流れてきません、悪しからず( *´艸`))

 

こんなさわやかな6月。じゃじゃーん、土曜日、骨折から苦節3週間、ついにギプスが取れ、

晴れて不自由な身から自由な身へ(((o(*゚▽゚*)o)))

 

うれしくてうれしくて、整形外科から歩いて帰るわ、運転はするは、あちゃこちゃ出掛けるは、

翌日は5時から散歩するわで、超HAPPY♬

 

そして6日にギプスを取ると決め、早速その夜に快気祝いと称する女子会(元女子??)を入れ、

ほんとうにほんとうにおいしいビールを飲むことができました( ;∀;) ( ;∀;)

 

 

朝晩と会社に運んでくれた男性2人、ご飯の面倒をみてくれた家人、

休みの日に車で連れ出してくれた娘、様々に気遣いいただいたスタッフ、

具合はどう? と心配いただいた友人、諸先輩、本当にありがとうございました。

そして、家と会社の往復の道すがら、自宅の庭での心の拠り所となってくれた花々、感謝しています。

 

 

まだ運動はNGなので走ることはできず、下のオブジェ同様、指をくわえて見ていますが、

そしてまだサポーターみたいなものを巻いて、不自然な歩きではありますが、

もう大丈夫、普通に仕事していっぱい飲んでいます。自由ってすばらしい\(^_^)/

 

 

動けること、仕事できることに感謝して、人さまのお役に立つよう、がんばっていきます。

 

きどあつこ