詠み人応援マガジン「喜怒哀楽」6-7月号に

第2回を掲載している「句集への道」。

 

木戸敦子が自分の句集をつくる、その工程を

ご紹介するコーナーです。

こちら、完成した句集のストーリーをお伝え

しているのではなく、今まさに、進めているところがミソ

(だと思っています)。

 

必要に迫られないとなかなか着手できない

句集づくり、本づくり。

それは私たちスタッフも同じこと…

今回のコーナー開始にあたり、やっと着手された

木戸の句集づくり。

 

でも、動機はなににしろ、スタートすることが大切。

スタートすれば半分は終わったも同然です(!?)。

 

 

写真は、木戸の句帳。

ここからまずは文字入力をしていかなきゃですね、

と話をしました。

 

全部入力してから選句するか、

選んだものだけ入力していくのか、はたまた…。

選択の連続です。

 

選ぶことはちょっと疲れますが、

楽しい部分でもあります。

 

本という形にすることは、

載せる作品や、本の体裁(大きさやページ数、色や形)を

選びとっていくということ。

 

選ばなかった方は捨てるということになりますが、

それが本の美しさをつくっていくのかなあと思います。

 

こんなふうに小さい本もかわいらしい。

 

すがまりこ