毎日雨。

大雨の被害を受けている地域のことが気に掛かります。

早く降りやみますように…

 

今日は、梅雨の季語を歳時記にもとめてみました。

 

「梅雨」

大梅雨に茫々と沼らしきもの  高野素十

模様消えし寝巻に着かへ梅雨の子供  古沢太穂

 

空気もなにもかもぼわーんとした感じ、

まさに今この季節ですよね。

 

「梅雨茸」

梅雨茸や低空飛行実に低し  山口誓子

梅雨茸を朝見かけしがなかりけり  為成菖蒲園

梅雨茸のもろくも潰え匂なし  河野柏樹子

 

順番に読むと何か、ストーリーを感じてしまいます…

 

「黴」

黴の中言葉となればもう古し  加藤楸邨

黴のアルバム母の若さの恐ろしや  中尾寿美子

黴ぬもの今日剃りたての頭のみ  山口笙堂

 

黴という字を見るだけでもぎょっとします。

黴の句はインパクトが強い。

 

梅雨明けが待たれますね…!

 

すがまりこ