今日の新潟は、お昼頃から晴れてきました。

皆さまお住まいの空模様はいかがでしょうか。

 

 

さて、今日は句集づくりでよくある落とし穴?

についてお伝えしたいと思います。

 

まずは、「序文でひいてある句と本文の句がちがう」件。

よくあります。

本文の句に訂正を入れたら、序文でひいてある句も

訂正しなければなりません。

要チェックです。

序文だけでなく、帯にも同じことが言えます。

あぶない、油断してはいけない…

 

当社では、句の相違や訂正もれがないよう、

チェック表にもとづいて確認をしております。

 

 

そして「句のダブり(類似)」。

こちらもレギュラーです。

一冊の本の中に、同じ句が2つ、多いときには3つ、

4つと見つかることがあります。

また、同じではなくても似ている(ほぼ同じ)句が

見つかることも多々あります。

 

入力した俳句を、WordまたはExcelでソートして

確認すると良いです!

 

こちらも、当社ではダブリは無いか、という

チェック項目を設けて確認をしております。

 

想いを込めてつくる本が、よりよいものになるように

お手伝いさせていただきます。

 

はじめての方も、どうぞ安心してご用命ください。

 

↑かわいいあまがえるちゃん。

 

すがまりこ