ただ今、隔月の情報誌『喜怒哀楽』8-9月号を鋭意制作中です!

1ページ目の「新潟食の歳時記」の今回の食は…我らが「ぽっぽ焼き」!!

 

 

個人的には、物心ついた頃からほぼ欠かしたことはない、

日本一の露店数を誇る「蒲原まつり」。

その「蒲原まつり」のすぐ近く生まれ育ったため、まつり大好き。

 

毎年、6月30日~7月2日に行われ、大抵が雨に見舞われるのですが、

カッパを着てでも、あっ、カッパは死語?  雨具を来てでも行くのが蒲原まつりなのです。

 

その昔、子ども心に、この人たちについていけば、一年中常にまつりだ💛と

本気で憧れたもの。コロナの影響で中止になったもののなかで、一番が残念だったかも( ;∀;)

今ごろは、どうしているのだろう、来年は大丈夫なのか心配です。

 

▲中止のため画像なし。これくらいうれしかった蒲原まつり(笑)

 

そんな、お祭りの際に境内や参道に並ぶ食べ物や玩具などを売る露店、「夜店」は夏の季語。

幟が立ち、裸電球に灯が点り夕方になると、夕飯中いてもたってもいられず、

食べ終えると一目散に出ていったものです。

 

       肩車されて夜店の上を行く 鷹羽狩行

 

そんな新潟の夜店には欠かせない「ぽっぽ焼き」から始まる『喜怒哀楽』8-9月号、

どうぞお楽しみに(^_-)-☆

来年は絶対にやってね、蒲原まつり!!

 

きどあつこ

▲着々と銀杏が!(^^)!