今日の新潟は灼熱です…!

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今日は本の総ページ数の出し方についてです。

 

価格表のところで 〇冊、〇ページでいくら~ と

書いてありますが、その〇ページが分からない…

ということがあろうかと思います。

 

単純に考えて、

俳句・短歌・川柳の場合は、

全部の作品数を、1ページに載せたい作品数で割る

たとえば 全300作品÷1ページ3作品掲載=100ページ

となります。(そりゃそうだ)

 

文章の場合は、

総文字数を、1ページあたりの文字数で割る

たとえば 5万字÷1ページ500字掲載=100ページ

となります。

 

ちなみに…

1ページの文字数は、市販の本などで気に入ったものが

ありましたら1行〇字×〇行かで計算してみると良いですwpicon_096.gif

 

 

ここに、扉・「はじめに」・目次・「おわりに」

著者略歴・奥付(発行日や発行者名が書いてある)等々が

プラスになるのがポイントですwpicon_083.gif

 

これで大体のページ数が出せます。

 

そして、ここからがさらなるポイントなのですが…

 

俳句・短歌・川柳などを章立てした場合、

半端があって1ページに3作品載らないところが

出てきたりすると、その分も増えます。

 

たとえば俳句が300句で、その内訳が

春80句

夏80句

秋75句

冬60句

新年5句

だった場合、

 

春80÷3=27ページ

夏80÷3=27ページ

秋75÷3=25ページ

冬58÷3=20ページ

新年7÷3=3ページ

合計102ページということになります。

 

 

文章の場合も同様で、

章立ての関係で白い部分が多くなったり、

会話文が続いて余白が多くなったりすると、

単純計算で見積もったページ数より増えることになります。

 

余白が多くなる会話文の例としては

 

「今日は暑いですね」

「9月になったのに、この暑さとは…」

「冬にこの暑さをもっていきたいですね」

 

という感じで「 」の後が改行になっているものです。

 

 

1ページに載せる作品数・入れる文字数によって、

本の印象はかなり変わってきます。

 

「この本好きだなあ」という本がありましたら、

そちらに近づくように組むこともできますので、

ご遠慮なくおっしゃってくださいませ。

 

▲弊社の長文組見本。これは1ページ490字です

 

次回は台割表について、お伝えしたいと思っております。

 

過酷な天気がつづきますね…どうぞお身体大切に

おすごしくださいますように。

 

すがまりこ