フォーシーズンズって、ホテルではないですよ。

四季、四季、そう劇団四季ではないですよ。春夏秋冬の四季。

暑い暑い夏から一気に涼しくなり、本格的な秋ですね。

 

週末、熊を恐れつつ郊外に行くことがあるのですが、鰯雲に彼岸花に

萩の花に、はざかけの稲にと…どこもかしこも秋の風情です。

 

 

 

さて、ひょんなことから、と言いますか、コロナ禍で情報誌「喜怒哀楽」の取材がままならず、

その代わりに、スタッフSが「木戸さんの句集を作るっていう企画はどうですか」と口走ったことを

きっかけに始まった「シリーズ 句集への道」も次回の「喜怒哀楽10-11月号」で4回目。

 

で選んでみて、やはり夏が好きなだけあってか、夏の句が多いことに気づく。

ちょうど昨日、来週90歳になる実家の父にも聞いてみたところ、即答で「夏だな」と。

さすが、海大好き人間の面目躍如といったところ。

 

他の企画も思いつかず、やすやすとノッてしまったが、俳句を始めて5年程度の

こんな句を本にしていいものだろうかと、現在後ろ向きな気持ちになっている。

春24句、夏40句、秋24句、冬・新年32句の計120句。なんだかハズい。

恥ずかしいやんけー!!!!!

 

 

そして秋は、なぜか一番俳句ができない季節。自らも年齢的に今は人生の秋。

いつか来る冬が、少しでも厳しすぎなない暖かなものとなるよう、今から備えていこー!!

 

でもそんなことよりも、まずは今週、いや今日、そして今だ今!

まずは今日一日を乗り切ろう!!   そうしたら明日。今日という日との一期一会。

皆さんはどの季節が好きですか。

 

きどあつこ