10月10日(土)は当社創立17周年でした。

このようにセブンティーン(アイスクリームではないですよ)まで、続けることができたのも、

ご支持いただいたお客様、協力会社様、そして何よりもスタッフ全員の真摯な働きによるものと、

改めて感謝いたします。

 

スタッフ一同からの贈り物のアルバムは私の宝物となり、思わず仏壇に上げたら

先客がいて、社長のいただいたアルバムが鎮座していました。

一人ひとりからのメッセージはひ・み・つ☆彡

 

 

もっといい会社になることで、関わる周りの方々、会社様、そしてスタッフが豊かになれるよう、

前に、上に一歩ずつ進んでいきます。

 

そして、本は本ではあるけれど、本以上の価値があるものと改めて思った次第です。

愛しさ、まごころ、想い、そんな目には見えない大切なものが詰った「本」という

仮の姿に想いを込めて、今日という一日を重ねていきます。

 

そして、スタッフMの95歳の祖父の誕生日プレゼントに送った写真自分史。

本自体も95年の「軌跡」であり感激の内容でしたが、送られてきた御礼のお葉書も、

またありがたい一枚。

 

 

手書きでしっかりと「軌跡の写真集を手に感動、自撮りでパチリ」と、コメントも実に  キュート♥

自撮りする95歳の祖父と孫。こちらが幸せな気持ちにさせていただきました。

この模様は『喜怒哀楽』12-1月号で掲載予定です。やっぱり「本」ってすばらしい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

詠み人応援マガジン『喜怒哀楽』

https://www.eseihon.com/magazine/

 

御地は雪も多く、寒くなっていきますが、どうぞ100歳と言わずますますお元気で。

そして次のタイトルは「奇跡」ですね!(^^)!

 

きどあつこ