「喜怒哀楽」の句会・歌会取材が、コロナの影響を受けてできなくなった、

その埋め草としてスタッフSが発案した、不肖木戸の句集をつくるという

「句集への道」というコーナー。

 

こんな若輩者が、とは思ったものの、他の代案も浮かばず「いいよ~」と安請け合い。

連載5回は無事に終えたものの、肝心の句集はできたのでしょうか。

いいえ、まだです。ぎょえ~!!

 

 

今日、扉を印刷し、明日表紙の加工が終わってくるため、

正直申しまして、まだ完成はしていないのです。

 

それなのに、有難いことに、きっと可哀そうに思ってくださったお客様が

お買求めくださっており、心からの感謝と、見てガッカリなさるのでは、

という申し訳ない気持ちのせめぎ合いが、延々と続いております。

 

すみません、でもありがとう。ありがとう、でもすみません。

 

もう少しで、小さな小さな作品集、穴があったら入りたい拙句集、

クリスマス頃に完成予定です。お申込みくださった方、すみません、ありがとうございます。

今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

見本として作った表紙と本文をつなぐ紙、見返しは赤!

クリスマスとともに完成予定です♬

ほんとうは、一ヵ月前に完成予定だったは、ず!!  ぎょえ~。

 

きどあつこ