本日、喜怒哀楽書房のメールマガジンNo.11をお送りしました!

もうご覧になった方もいらっしゃる頃でしょうか。

 

今回も内容盛りだくさんです。

 

写真自分史を作られた埼玉県・川口市のお客様のご紹介をさせていただきました。

完成した本を手に取り、感想をお寄せくださいました。

とても喜んでいたいて、お手伝いさせていただいたわたくしたちも感動です!

「自分の写真を本にするなんて…」

と思う方もいらっしゃると思いますが、被写体は何でもいいのです。

ご家族でも、ご夫婦でも、ペットでも、景色でも…

ふと見た時に元気が出たり、会話がうまれたり…

そんなご自分のための本があってもいいですよね☆

とてもいい本なので、たくさんの方に作って欲しいと思います。

 

そしてこんな楽しい内容も…

「ちょっと新潟弁講座」

今回ご紹介した新潟弁は、私も学生時代東京にいたとき、新潟出身の友人と

「あー、これめんどくっせ(面倒くさい)!」

「しねばいいじゃん!」 (死ね ではありません!しなければいい という意味)

という会話を県外出身の友人に聞かれ、とても驚かれました。

新潟の人ってキツイね…と。

新潟弁は少々荒々しいところもありますが、おばあちゃんたちが話しているとなんともおもしろいです。

前に方言の本のお手伝いをしたこともあったなー。

ぜひみなさんのおすすめ方言も教えて欲しいです!

 

こんな感じの楽しいメールマガジンなのでみなさま登録してください!!

https://www.eseihon.com/page-mailmaga/