今日は爽やかな秋の日です。お休みの間、ちょっと郊外へ。

冬の季語「白鳥」。瓢湖や福島潟などに飛来した白鳥でしょう。

日中は田んぼのあちこちで、餌を啄んでいます。

 

 

現在、お手伝いしている句集の一つに『白鳥』があり、

9月に納品したてのひら句集や、そろそろ完成予定の

童話にも白鳥が登場し、表紙は白鳥の挿絵が。

 

 

白鳥好き多し! その気持ち、わかります。

餌を食べている姿は少し滑稽でもあるのに、羽ばたいている姿の

カッコよさ。ギャップ萌えでしょうか。絵になるんだなぁ。

 

 

短歌や俳句でも。

 白鳥(しらとり) は かなしからずや 空の青

 海のあをにも 染まずただよふ

 

若山牧水 のこの歌、教科書に載っていました。

この白鳥(しらとり)は白鳥(はくちょう)ではなく、

カモメを指しているようですがー。

 

そして、愛妻家の俳人森澄雄の有名な句に、

 除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり

 

があります。はかないような美しさが胸に迫ります。

来年暖かくなるまで、白鳥おばさんになるべく、

ウォッチしていきます!

 

きどあつこ